超音波評価とは?

超音波装置を用いた画像評価です。
超音波は人体への影響がないと言われ、靭帯・筋肉・腱・軟骨を評価する事ができます。
(妊婦さんのお腹の赤ちゃんをみる時に用います。) 
特に捻挫後の靭帯や、筋肉の損傷程度を評価するのに優れています。
 

静的評価

静的評価とは人体の構造に問題が起きていないか評価する為に用います。 
当院では特に、足首捻挫後の靭帯、肩の腱(腱板)・骨折の有無を評価します。その他にも肉離れの評価に用いる事もあります。 骨折の疑いがある場合は連携している整形外科医に確定診断をしていただきます。

経過を評価する事により修復過程予後を予測し、一人一人にあったプランを提供します。
 

 画像(掌側板:正常)

 画像(掌側板:異常)

動態評価

 
超音波の特徴でもある関節などを動かしながら確認します。
筋の動きが悪い場合、症状に繋がる事も少なくありません。
また、治療の効果を判定する為にも用いたり、運動時、鍛えたい筋肉を超音波で
確認しながら行います。